放送大学 2017年4月入学生 第2回募集
2017年3月20日(月)締切!

Amazon Student

放送大学の視聴方法についてはカテゴリー「講義視聴」をご覧下さい。
Macでのストリーミング視聴等も詳しく説明しています。

ちょこっとアンケートを設置しました。
質問は新年度らしく。

Apple Music 学生用メンバーシップ……日本はまだ!?2016/06/02 02:25

なんかAppleからこんなメールが届きました。

Apple Music Student Membership

Apple Music Student Membershipとなっており、大学生向け!

どうやら5月初めに新サービスの発表があったようで、そういえばそんなニュース見たような。

私はCD現物派といいましょうかAmazon StudentのAmazon Musicですらろくに聴いたことが無いのでApple Musicは利用していません。

が、利用料が半額になるということでブログでお知らせしとこーかなと思ったら、日本じゃまだサービス開始してないじゃないですか。ひどい。

Apple Music の学生用メンバーシップを利用する
って日本語ページ用意してても使えないんじゃ。

ヒマワリがMerry Xmas!2015/12/24 13:03

Xmas 2015

メリークリスマス!

……は24日の日没とともに祝うものなんだと先日の面接授業で知りました。
一日の終わりと次の日の始まりが日没時と捉えられていたからだそうで。
まだ時計が無かった頃の概念が西洋では引き継がれているわけですね。
だから31日の日暮れと同時に「Happy new year!」と言われて教授は大層驚かれたそうです。
なるほど、向こうでは当たり前でも、私たちがびっくりするのは日本ならではの感覚なんでしょうね。

師走のまっただ中、数日前までの東京は気温24度!とえらく暖かかったのですが、世界的にも異常気象だそうで。
ニュースによると、ロシアでも通常この季節は氷点下で雪が降るそうですが、7度、9度と暖かいらしい。
沖縄も毎日25度くらいあり、半袖で忘年会&酔っぱらって道端寝の人が増えていて大変だとか。

寒空の東京ですらこの時期は寝込んじゃう人が増えますから、皆さん、お酒の飲み過ぎはご用心ですよ。

そんな話題が飛び交う昨日……

私の住む町は東京といいながら畑がある、そんな地域なのですが、隣町で私が見かけたものは、なんと!!

収穫後のキャベツ畑の端に堂々と(しかしポツンと一本だけ)咲く、真冬のヒマワリ。

何でこの時期に!?
ヒマワリの品種で冬咲きのものなんてあったっけ?

「ヒマワリ 冬」で画像検索すると、無いわけじゃなかった。
雪の中で咲くヒマワリなんて写真もあって幻想的です。

だけど、私の人生では初めてだなー(笑)

上の写真はトリミングしていますが、本当はこんな感じ。
ちょっと侘びしい(笑)


【期間限定】河出書房新社の電子書籍が1冊1円!2012/07/19 17:41

「電子書籍パピルス」にて、本日7月19日〜26日の期間、河出書房新社の電子書籍が1冊1円で、一人5冊まで購入できます。

先着1万冊、1人5冊まで1円!【電子書籍パピルス】

雑学本みたいな軽い読み物ばかりですが、1円なら惜しくない!(笑)

以前買ったことのある本が2冊ばかり含まれているのに腹を立てつつも、しっかり5冊買いました。
興味のある人は急いでどうぞ!

【炎のランナー】オリンピック年にぜひ見て欲しい映画2012/07/08 01:35

メルマガを一度購読すると、なかなか解除しないぷーにぃです。

なので、取得するメール数が半端ない数になっています。

で、一週間、10日……と気づいたらまとめてざっと見て、削除して行くんですが。

20世紀フォックスからのメールで、魂抜かれるかと思った。

炎のランナー 製作30周年記念版ブルーレイ・コレクターズBOX (初回生産限定) [Blu-ray]


って、なによ!!?

6月22日発売……って

もう出てるやんけ!!?

知らなかった……orz

メルマガを数日、下手すると月遅れでチェックする私は、よくお買い得品を逃すのですが、これは、「炎のランナー」だけは……逃すことが出来ない!!

慌ててAmazonに走りました。

……心配する必要が無いくらい、在庫あり(笑)

アカデミー賞受賞作品(1981年4部門受賞)ですし素晴らしい作品なのですが、そもそも、売り切れになるほどメジャーでもないという。
どうやら、オリンピック年ということもあり、ブルーレイ化されたようです。

内容は、というと。

「オリンピック強化選手に選ばれた若き青年達が、人種・宗教に悩み、ある者は愛に、ある者は信念に生きる」

まとめちゃうとこんなになっちゃうんですが。
とにかく映像もストーリーも音楽(「ブレード・ランナー」を手がけたヴァンゲリス!)も秀逸で、

「まずは見てくれ!」

としか、言いようがありません。

この作品には、劇場公開版とアメリカ公開版というのがありまして。
冒頭に、イギリスらしくクリケットをするシーンがあるのですが、カットされてないのが劇場版、カットされているのがアメリカ版。
で、今回のブルーレイ化は劇場版だそうです。よかった。

作中、印象的なシーンは数々ありますが、やはりオープニング。
ヴァンゲリスの美しい音楽が流れる中、青年達が(今見るとおじさんのステテコ姿のようにも見える)練習服で、波打ち際の砂浜をスローモーションで走り抜けていくシーン。
萌えます。いや、燃えます。

しかし、製作から30年経つのか……
映画冒頭に、登場人物が老人になって登場するシーンがあるのですが、大学生役だった俳優達もリアルにその年齢に近づいているのですね。感慨深い。



本当にお勧めです。