放送大学 平成30年10月入学生 第2回出願
9月1日~9月20日 まもなく出願締切!
インターネット出願ならまだ間に合います。

Amazon Student

放送大学の視聴方法についてはカテゴリー「講義視聴」をご覧下さい。
Macでのストリーミング視聴等も詳しく説明しています。

ちょこっとアンケートを設置しています。

やらないとできないは同じようで違う2017/11/21 08:20

あっという間に12月も半ば。
部屋の中でも寒さで凍えるようになってきました。
皆さん、師走を慌ただしく過ごされていますでしょうか。

さて今期受講2科目のぷーにぃですが、11月末の通信指導は提出しませんでした。
どう考えても試験6科目の準備が無理そうなので、諦めたというか……(汗)
とりあえず再試験の4科目に全力投球します。

といいながら、Windows 7のアップデートなんかに数日取られちゃってたりするんですが、その前にMacとiOSのお話。

昨今のアップデートに物申す。
書いて投稿を忘れてたネタです。

■iTunes 12.7およびiOS 11
どちらもどうしようもならなくなるまでアップデートしない第一弾。
iTunesをアップデートしたくないので、必然的に12.7が必要なiOS 11もアップデートしません。
なぜならiTunes 12.7ヘのアップデートで、PCへのiOSアプリのバックアップができなくなったから。

iTunes12.6.2スクリーンショット
▲バージョン12.6まではMacのiTunes上でアプリ管理ができる。

アップデートを行うと古いアプリはゴミ箱に入るので、私はそれらも保存しています。
配布終了したアプリがダウンロードできなくなったとき困りますからね。
それが12.7でできなくなったのは辛い。
iOSのバックアップを取ったとしても、アプリ管理が個別にできないと意味無いですし。

と思ったら、やはり支障が起きた現場もあるようで。

App Storeが復活した「iTunes 12.6.3」ひっそりと配布中…(ギズモード・ジャパン)
だそうですよ。
リンク内のAppleサイト先、Deploy apps in a business environment with iTunesからMac、PC 32-bit、PC 64-bitそれぞれ用のiTunesがダウンロード可能です。
とはいえ、最新バージョンのみAppleのサポート対象となるので、利用は自己責任のようです。

あ、念のため触れておくと、聖書アプリは美術の面接授業で使ったものです(笑)

■Mac OS SierraおよびHigh Sierra
つい先日El Capitanにしたばかりだから。
しかし不具合多いですねえ、High Sierra……。
こんなんでいいのか、Apple。

■Firefox Quantum(バージョン57)
んもー!!
ここ最近一番の怒り?困惑?かもしれない。
レガシー技術を切り離したいのはわかるけど……使えなくなるアドオンが多すぎる!
まあ、アドオン製作者が対応するか否かは自由ですし、Firefoxがそれらに留意するのも難しいのは承知してます。
ただね……使い続けて手放せなくなったアドオンが開発止まってると、アップデートしたくてもできないんですよ……!

特に、これがある故にFirefoxをデフォルトブラウザにしている「ScrapBook」。
これが対応しない限りは、自動更新を切り、バージョン56で頑張ります。

Firefoxアドオン
▲「旧式」が全部使えなくなるんですよねえ……
中には対応中のものもあるようですが、ScrapBook……涙

弱り目に祟り目、からの。2017/10/12 13:48

10月になりましたね。
本当に暖かくていい気候です。予報では29度の夏日だけど!

といいつつ、昨日の東京はさほど気温が上がらなかったし、今日もわりと涼しいというか過ごしやすいなあ。
暑がりのぷーにぃには非常に嬉しい季節がやってまいりました。

さて、2個前の記事で開発終了を嘆いたNoteBook。
使えるうちはまあいいかと思ってたら、早速MacOSをEl Capitanに上げたゆえの問題が発生していました。

なんと、クリッピングサービスが使えない。

ウェブページで必要な部分を選択してNoteBookへ一発クリッピング。
これができなくなっていた。しょぼーん。
仕方ないから手動コピペしたけどさ!
終わったものを嘆いても詮無きことではありますが、地味にショックです。

ここまでが弱り目に祟り目。

で、このところ旅行続きとなりまして。
その計画やら備忘録やらを、結局OneNoteで作っています。

あれ?
前回OneNoteを嫌がってなかったっけ?

そりゃまあ……
前回記事のときは旅行なんて全く予定なかったし。
旅行先で情報見るにはウェブサービス(クラウドサービスとも)に頼るのが一番手っ取り早いっていうかー。
ノートの共有もできるっていうかー。

と諦観した私。(掌返しともいう)
ようやくEl Capitanにして使えるようになったOneNoteを再びインストール。

あと、旅先で絶対必要なのは地図ですよね。

15年前の海外では、ガイドブックの地図を片時も手放さなかったことを思い出します。
しかし時は経ち、今やミレニアムから17年。
平成もあとちょっとで30年に手が届く時代。
GPSがお空から指示してくれる世界になったんです。
これを使わぬ手は無い!

普段はあまり情報渡したくないという理由でGoogleにはログインしないで使ってる私ですが(Gmailだけはアプリで使用してるけど)、背に腹は代えられないというか、やはり人間、易きに流れるというか……
Google Mapにログインしっぱなしで情報を拾っております。

え?
ログインしなくても地図は使えるって?

だって便利なんだもん。マイマップ。

あれ重宝しますわー。
今まで存在も知らず、調べものの途中で他人様のマイマップにアクセスして知ったんですが。
行きたいとことか、ホテルの場所とか、鉄道・バスのルートとか。
とにかくピンを立てとけば、あとから地図上で探す手間が大幅に減る。
だってリストをクリックすれば、マップで一発表示してくれるんだから。
さらには他人様のマイマップも自分のところに持ってこれる。

やりたい放題ですよ。(笑)

もう一方で、時刻表や切符の手配から現地での格安SIM購入方法など多岐に渡る情報は、片っ端からウェブ→OneNoteとクリップしていく。

これでガイドブック要らず。というか、まさに自分専用ガイドブック。

あら、ウェブサービスに首までどっぷり漬かってるじゃありませんか!

ただね、ストリートビューで歩きまくって、もう旅行に行かなくてもいいか、って気分になってきましたよ……。
まさにGoogleマップあるあるです。

アウトライナー難民2017/09/20 23:01

今日届いた印刷教材の写真、アップする気にならないほど失意のどん底、ぷーにぃです。

本日iOS 11のアップデートが開始しましたね。
私は色んな理由でまだアップデートしませんが、iPadの中の動かなくなるアプリを確認していたところ、ある一つのアプリがapp storeに存在しないのに気付いたのです。

このアプリはもともとMac版から始まったもので、Circus Ponies開発のNoteBookというソフトのiOS版。不思議に思ってサイトを見に行ったところ。

なんと、開発終了してるじゃありませんか!
しかもどうやら去年の頭に!

どうも昨年初頭に終了する旨メールが来ていたとか。そういえば読んだような読まなかったような……
どっちにしろ大ショック!!

バージョン1から使い続けて13年。
もう手放せないソフトとなっていたのは私だけじゃないようで、ネットでも代替を探す人の嘆きが多く見受けられます。

アウトライナー:読んで字のごとく、アウトラインを扱うテキストソフトのことで、記述したアウトラインの見出しレベルや順序を入れ替えることで、例えば手順書、論文、記事やシナリオ、タスク管理など、頻繁な文章構成作業に欠かせません。
しかしアウトライナーというジャンルは不人気なのか、現れては消えていくソフトの多いこと。
一般の人には不要と言っちゃ不要なソフトなんでしょう。

今まで使ってきたアウトライナーは山ほどあるんですが、Macの漢字TALK7時代のActa 7に始まり、大小様々なソフトが開発終了となるのを20年近く見届けてきました。
NoteBookだけは大丈夫だろうと安心し切っていたのですが……

この世の中、何事も「絶対」は存在しない……と叩きのめされた気分です。

私は仕事以外にも、ネットの気になる海外ニュースや語学講座のページをNoteBookに保存、英語学習に利用してきました。
NoteBookはブラウザから直接ページを取り込む、Evernoteのような働きも持っていたのです。
終了したからには代わりとなるソフトを探さなければならないのですが、アウトライナーかつウェブクリップやオーガナイザーなど同等の機能をすべて持つソフトなんて、多分無い気がする。

RIP, Circus Ponies Notebook
ここのコメントではCircus Poniesを惜しみつつ、ブログ主はOmniOutlinerを代替として勧めています。
情報管理についてのブログなので、アウトライナーの部分に重点を置いての考えだと思いますが、私は使い勝手や機能でOOからNoteBookに移ったので、また戻るとかちょっと気が重い。いかんせん、アウトライナーの機能しかない。
一方、EvernoteやOneNoteのようなウェブサービスに依存したくはない。というか、個人的に絶対嫌。

Looking for a Notebook replacement
また、2016年のこちらの記事では、NoteBookにあった機能を一覧で書き出して整理し、TidBITSが行った調査結果についての記事「Your Favorite Mac Personal Information Managers(あなたの好きなMacの個人情報管理アプリ)」を引用しつつ、情報管理を4〜6のタイプに分けて何が必要かを考えています。
この記事の中で久しぶりにその名を見た「NoteTaker」がブログの中で現在最新版テストに入ったと書いているので、それを待ってから移動先を考えようかと。

候補一覧備忘録。
Notebooks
NoteTaker
DEVONthink
OmniOutliner
その他:Your Favorite Mac Personal Information Managers

13年ぶりの難民です。はあ……。

Mac OSをアップグレード2017/08/16 02:50

お盆になりようやく時間が取れたので、MacをMavericks(10.9.5)からEl Capitan(10.11.6)にアップグレードしました。

ええ、Sierraじゃないんです。
今さらながらEl Capitan。

だってEl Capitanならまだ使用中の多くのアプリが動くから。

それでもアップグレード直後はどのくらいのアプリが動かなくなるか、超不安でした。
それが怖くてここまでアップグレードを引っ張ったんですから。

とにかく意を決して……
Adobe CS5とiTunesのコンピュータ認証を解除し、旧OS環境のバックアップを外付けハードディスクに取ります。
ここで定番のCarbon Copy Cloner(CCC)の登場。

昔は「起動できる起動ディスクのコピー」を作るにはCCCしかなかったのですが、今のOSはディスクユーティリティで起動ディスク丸ごとバックアップコピーを作ることができます。
それでもCCCだと外付け含めバックアップスケジュールを組むことができたりと大変有能なので、最新バージョンを購入。
ちなみに相当昔は無料だった。そんな時代もありました。

CCCでMavericks起動HDDと、ついでにデータ用HDDをバックアップコピー。
ついでにTimeMachineにもバックアップ。
起動HDDコピーから起動できることを確認し(これでいつでもMavericksに戻ることができる)、USBメモリーに作ってあったEl Capitanインストーラーを起動します。
内蔵SSDをフォーマットし、数十分でインストール完了。
次に起動HDDコピーから以前の環境を移行。これが1時間半くらいかかったかな。

インストールは2時間ちょいほどで完了しました。
わりと早かった。バックアップのほうが時間かかりました。

新OS起動後、App Storeから今までOSが古くアップグレードできなかったアプリを更新。

その次は動かないアプリの対応です。
まずは向こうから警告を出してくれたAdobe。
いまだCS5を使っているので、Java旧バージョンをインストールしろと警告メッセージが出た。
こうやって知らせてくれるというのは以前に調べておいたので、素直に従います。

次いで旧OS版の必須シェアウェアDefault Folderをアップグレード購入。
これも古くからある定番ですが、これが無いと保存ダイアログが不便でならない。
Macで頻繁に「開く」「保存」ダイアログを使用する方にはぜひお勧めします。

さらにXtraFinderを使えるようにすべく、El CapitanのSIP(System Integrity Protection)を一部無効に

今のところ「なんか画面がのっぺりしたなあ」くらいで、問題なく以前の環境のまま使えています。
なんか、El Capitanのデザインって好きじゃないんですよね……
メッセージ.appのフォントなんかもMavericksの方がきれいだったな。

ただAdobe系はまだ本稼働に入っていないし、もしかしたらこれから追々何かしら不具合が出てくるかもしれません。

愛機修理〜入ってて良かったAppleCare2017/01/19 03:03

そーいえば、先日iPhone10周年でしたね。
長いMacユーザーとしてはAppleの明るい話題は嬉しくなるのですが、わが愛機MacBook Proは正月早々修理でした。
いやー、入ってて良かったAppleCare Protection Plan。
(痛い出費ではありますが、昔はともかく、最近のApple製品は初期不良とか不具合とかちょっと多くて信用していないのもある)

年末にふと気付いたら、なんか……底面が膨らんでる?
よく見るとフタ(ディスプレイ)がちゃんと閉まってない?
うーん…………
これはどう見ても中でバッテリーが膨張しちゃってる感じ。

特に動作がおかしいとか無いので、いつからこの状態なのかもわからない。
でも、どう見ても弓なりに反り返る本体。こりゃ修理でしょう。
ちなみに膨らんじゃうのはリチウムイオンバッテリーの特性らしいですよ。
AC電源繋げっぱなし(充電し続ける)のもバッテリーにはよろしくないそうです。
皆さん気をつけましょう。

膨張に話を戻して、つまり避けられない問題だとしても、まさか我が身、じゃない愛機に起こるとは。
しかも購入から3年経つので、ここでAppleCareの出番です。と、調べたら。
1月半ばでAppleCareの期限が切れる!
ふう、あぶねーあぶねー。
ここで気付いたのも何かの運命でしょうか。

早速Appleサポートにお電話して、症状説明して、
「仕事で使ってるのですが、修理どのくらいかかります? 持ち込みのほうが早かったりします?」

持ち込みでも結局預かりになり、年末年始だと1週間〜10日間かかると言われ。
そりゃそうだ、じゃあ仕事が終わったら修理出しますと伝える。
ちなみに年末年始に日数がかかるのは修理が混むそうで、正月休みとか無いそうですよ。
中の人、可哀相。

でも結局年末ぎりぎりまで使うことになり、松の内を過ぎた頃に電話して集荷に来てもらいました。
まあ、最低でも4、5日はかかるだろうから、WindowsとiPadでしのぐかー……
と久々にWindowsマシンを起動。
たまりまくったアップデートをせっせとかけつつ環境を整えていると。

宅急便集荷
翌日午前:受領メール
翌日午後:修理完了・出荷メール
翌々日到着

なんと!
中1日、わずか3日で戻ってまいりました!
スリムになってフタもきちんと閉まるようになった愛機。
すごいぞ、Apple! すごいぞAppleCare!
AppleCare、期限切れ1週間前にいい仕事してくれました。
いやもちろん、故障がないのが一番いいんですがね。

ちなみに修理前はこんな感じ。
バッテリーが膨らんだMacBook Pro

向こう側が見えてます(笑)