放送大学 2017年10月入学生 第1回出願
2017年6月15日~8月31日 出願資料受付中

Amazon Student

放送大学の視聴方法についてはカテゴリー「講義視聴」をご覧下さい。
Macでのストリーミング視聴等も詳しく説明しています。

ちょこっとアンケートを設置しました。
質問は新年度らしく。

Mac OSをアップグレード2017/08/16 02:50

お盆になりようやく時間が取れたので、MacをMavericks(10.9.5)からEl Capitan(10.11.6)にアップグレードしました。

ええ、Sierraじゃないんです。
今さらながらEl Capitan。

だってEl Capitanならまだ使用中の多くのアプリが動くから。

それでもアップグレード直後はどのくらいのアプリが動かなくなるか、超不安でした。
それが怖くてここまでアップグレードを引っ張ったんですから。

とにかく意を決して……
Adobe CS5とiTunesのコンピュータ認証を解除し、旧OS環境のバックアップを外付けハードディスクに取ります。
ここで定番のCarbon Copy Cloner(CCC)の登場。

昔は「起動できる起動ディスクのコピー」を作るにはCCCしかなかったのですが、今のOSはディスクユーティリティで起動ディスク丸ごとバックアップコピーを作ることができます。
それでもCCCだと外付け含めバックアップスケジュールを組むことができたりと大変有能なので、最新バージョンを購入。
ちなみに相当昔は無料だった。そんな時代もありました。

CCCでMavericks起動HDDと、ついでにデータ用HDDをバックアップコピー。
ついでにTimeMachineにもバックアップ。
起動HDDコピーから起動できることを確認し(これでいつでもMavericksに戻ることができる)、USBメモリーに作ってあったEl Capitanインストーラーを起動します。
内蔵SSDをフォーマットし、数十分でインストール完了。
次に起動HDDコピーから以前の環境を移行。これが1時間半くらいかかったかな。

インストールは2時間ちょいほどで完了しました。
わりと早かった。バックアップのほうが時間かかりました。

新OS起動後、App Storeから今までOSが古くアップグレードできなかったアプリを更新。

その次は動かないアプリの対応です。
まずは向こうから警告を出してくれたAdobe。
いまだCS5を使っているので、Java旧バージョンをインストールしろと警告メッセージが出た。
こうやって知らせてくれるというのは以前に調べておいたので、素直に従います。

次いで旧OS版の必須シェアウェアDefault Folderをアップグレード購入。
これも古くからある定番ですが、これが無いと保存ダイアログが不便でならない。
Macで頻繁に「開く」「保存」ダイアログを使用する方にはぜひお勧めします。

さらにXtraFinderを使えるようにすべく、El CapitanのSIP(System Integrity Protection)を一部無効に

今のところ「なんか画面がのっぺりしたなあ」くらいで、問題なく以前の環境のまま使えています。
なんか、El Capitanのデザインって好きじゃないんですよね……
メッセージ.appのフォントなんかもMavericksの方がきれいだったな。

ただAdobe系はまだ本稼働に入っていないし、もしかしたらこれから追々何かしら不具合が出てくるかもしれません。

愛機修理〜入ってて良かったAppleCare2017/01/19 03:03

そーいえば、先日iPhone10周年でしたね。
長いMacユーザーとしてはAppleの明るい話題は嬉しくなるのですが、わが愛機MacBook Proは正月早々修理でした。
いやー、入ってて良かったAppleCare Protection Plan。
(痛い出費ではありますが、昔はともかく、最近のApple製品は初期不良とか不具合とかちょっと多くて信用していないのもある)

年末にふと気付いたら、なんか……底面が膨らんでる?
よく見るとフタ(ディスプレイ)がちゃんと閉まってない?
うーん…………
これはどう見ても中でバッテリーが膨張しちゃってる感じ。

特に動作がおかしいとか無いので、いつからこの状態なのかもわからない。
でも、どう見ても弓なりに反り返る本体。こりゃ修理でしょう。
ちなみに膨らんじゃうのはリチウムイオンバッテリーの特性らしいですよ。
AC電源繋げっぱなし(充電し続ける)のもバッテリーにはよろしくないそうです。
皆さん気をつけましょう。

膨張に話を戻して、つまり避けられない問題だとしても、まさか我が身、じゃない愛機に起こるとは。
しかも購入から3年経つので、ここでAppleCareの出番です。と、調べたら。
1月半ばでAppleCareの期限が切れる!
ふう、あぶねーあぶねー。
ここで気付いたのも何かの運命でしょうか。

早速Appleサポートにお電話して、症状説明して、
「仕事で使ってるのですが、修理どのくらいかかります? 持ち込みのほうが早かったりします?」

持ち込みでも結局預かりになり、年末年始だと1週間〜10日間かかると言われ。
そりゃそうだ、じゃあ仕事が終わったら修理出しますと伝える。
ちなみに年末年始に日数がかかるのは修理が混むそうで、正月休みとか無いそうですよ。
中の人、可哀相。

でも結局年末ぎりぎりまで使うことになり、松の内を過ぎた頃に電話して集荷に来てもらいました。
まあ、最低でも4、5日はかかるだろうから、WindowsとiPadでしのぐかー……
と久々にWindowsマシンを起動。
たまりまくったアップデートをせっせとかけつつ環境を整えていると。

宅急便集荷
翌日午前:受領メール
翌日午後:修理完了・出荷メール
翌々日到着

なんと!
中1日、わずか3日で戻ってまいりました!
スリムになってフタもきちんと閉まるようになった愛機。
すごいぞ、Apple! すごいぞAppleCare!
AppleCare、期限切れ1週間前にいい仕事してくれました。
いやもちろん、故障がないのが一番いいんですがね。

ちなみに修理前はこんな感じ。
バッテリーが膨らんだMacBook Pro

向こう側が見えてます(笑)

Omniストアで学割が使える!2016/06/01 23:49

これは2015年5月の記事だよー。

備忘録どんだけー(笑)。

MacユーザーかつOmniのソフトに興味のある学生限定ネタ。

The Omni Group Store - educational discount

サイトでは学割へのリンクがわかりづらい(右上バナー。前はもっとわかりづらかったような)のですが、じつは学割ってるっというお得ネタ。

例えばOmniOutliner 4。

Standard/$49.99、Pro/$99.99

から

Standard/$29.99、Pro/$59.99

にディスカウントされるのでだいぶお得。

そんな私はOmniOutliner、OmniGraffleバージョン1〜2の頃に使ってましたが、当時あまりにアップグレード料金が高くなったので使うの辞めました。
いいソフトなんだけど。

【備忘録】MacでNTFSボリュームを読み書きする2016/06/01 23:25

2014年5月の記事アップを忘れてた。

と気付いたのが2016年2月20日。

そして本日、真冬から一気に初夏へと飛びます!(笑)

OS Xをバージョンアップするたびに、これを思い出してやらなきゃならないので備忘録として記録。
注:これ、2014年の10.9Mavericksヘのバージョンアップ時に書いてます。
当時ですら遅いアップグレードだったのに、今や時代はEl Capitan。ふー。
下のほうで加筆してるけど。


Macでは何もしないと、Windowsでフォーマット(NTFSフォーマット)したハードディスクは読み込み専用となり、書き込みができない。
El Capitanになってもやはり同様らしい。

WindowsではMacフォーマットのHDDは認識すらしない。はず。

そのため、読み込みのできるMac側で、書き込みもできるようにする。
以下の手順でMac Fuseなどをインストールする。

Mac OS X El Capitan で NTFSフォーマットのディスクに書き込み可能にする。

データはここから(って元記事にあったけど、多分データが古い)

http://maccave.wordpress.com/2013/12/17/write-to-any-ntfs-volume-on-a-mac-including-the-latest-mavericks-for-free/

http://d.hatena.ne.jp/rocar007/20131209/1386572481

http://inforati.jp/apple/mac-tips-techniques/windows-hints/how-to-write-ntfs-hard-disk-of-windows-from-mac-os-x.html

http://macntfs-3g.blogspot.jp/2010/10/ntfs-3g-for-mac-os-x-2010102.html

It seems that you have no FUSE implementation on your system. Please install OSXFUSE and make sure to check the 'MacFUSE compatibility layer' option when installing.

Macのソフトでチャリティー……残り1日2015/11/17 11:12

先日お伝えしたMacHeist The Hall of Fame

MacHeistからチャリティーバンドルの追加ソフトが全て開いたと、メールが届きました。

最後はなんと、Nisus Writer Pro 2。
実は何気に歴史の長いワープロソフトです。

英語版なのでメニューバーなどは英語表記ですが、日本語環境での使用もばっちり。
試しに打ってみましたが、2バイト文字未対応のソフトにありがちな変換時のおかしな挙動などもありません。

ただ、デフォルトのフォント設定がTimesかなんかで、最初の打ち込み時にしきりと使用言語だと正しく表示されないよ!とのメッセージが出ます。
これもフォントをヒラギノなどに変更すれば問題なし。

Nisus Writer Pro 2
(クリックで拡大表示)

チャリティー販売は残り一日。
といっても向こう時間なので、日本時間だと0時過ぎまでやってるとは思いますが……できればお早めに。
Macユーザーの方、秋の夜長にチャリティーはいかがですか?