放送大学 2018年4月入学生 第1回出願
2017年12月1日~2018年2月28日 出願資料受付中

Amazon Student

放送大学の視聴方法についてはカテゴリー「講義視聴」をご覧下さい。
Macでのストリーミング視聴等も詳しく説明しています。

ちょこっとアンケートを設置しました。
質問は新年度らしく。

【放送大学】死生学入門・読了2017/12/28 23:30

今年のクリスマスは23日から24日と連休だったので、皆さんゆったりと過ごされたのではないでしょうか。
雪景色とはほど遠い暖かいクリスマスが終わった途端、東京にも今年一番の寒さが到来。
寒暖差が身にしみる年末となりました。

さて、年が明けたら月末には単位認定試験ですねー。
私はというと、ようやく「死生学入門」のテキストを読み終わりました。
まだ読了1冊目。大丈夫か私。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
※以下、死生学に関する内容です。
講義記事とはいえ、不快になる方もいらっしゃるかもしれませんのでご注意ください
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


人生50年と言われていた昔だったらそろそろ、となる年齢になった私も、「死生学入門」を読んでいろいろと考えさせられました。
読み進めている最中に、たまたま目にした記事。

「安楽死」その瞬間に立ち会ってみえたこと(現代ビジネス)

筆者は、スイスの安楽死団体の協力を得て、安楽死を選んだ患者へ2年間に渡ってインタビューを行った方だそうです。 上の記事はそれについてさらっと触れたもの。詳しくは著書を、という取っ掛かり的内容でしょう。
とはいえ、テキストを通読してから上の記事を読むと、ああ、そういうことなのかな、と考えさせられる部分が少なからずありました。

上記記事の2ページ目では日本に触れており、その中に含まれるいくつかのキーワードとそれが意味するコンテクストを、「死生学入門」テキストの安楽死に関する記述内のみならず、全編を通して読み取ることができます。

「迷惑」……第8章「老いと死」
「自己決定」……第11章「自己決定権」
「周囲の死」……第4章「喪と追悼:逝きし人<死者>と生者のつながり」、第10章「遺族の喪失体験とグリーフワーク」他
「尊厳死」=安楽死については、テキスト第14章で触れられています。

なお、「死生学入門」は開講2014年で、テキストに掲載されている統計データなども若干古いものです。
下で紹介するページは老人ホーム検索サイトのコンテンツのようですが、もう少しだけ新しい統計と、内容的に1ページで「死生学入門」の講義内容にもっと簡潔に触れるような構成になっているので、情報整理に役立ちそうです。

死生観を考える(みんなの介護)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
【スパム対策】ブログ主が所属する大学名は?(漢字4文字・必須)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nekonote.asablo.jp/blog/2017/12/28/8756398/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。