放送大学 平成30年10月入学生 第1回出願
6月15日~8月31日 まもなく出願資料受付開始

Amazon Student

放送大学の視聴方法についてはカテゴリー「講義視聴」をご覧下さい。
Macでのストリーミング視聴等も詳しく説明しています。

ちょこっとアンケートを設置しました。
質問は新年度らしく。

【放送大学】刑事法・読了2018/01/22 15:52

東京の雪もだいぶ深まってまいりました。
部屋の中がくっそ寒い(失礼)。

昨晩、「刑事法('16)」を読み終わりました。
うーん、行政法の何分の一しか時間かからんかった(笑)。

「刑事法('16)」は、位置づけとしては「現代の犯罪と刑罰('09)(閉講)」の後継なんだと思っていましたが、後者に比べて「刑事法」の印刷教材は大変平易で読みやすい文章構成になっており、判例も多く、理解しやすくなっています。
内容的にもぐんと簡単になった感じ。
ですので法律を学ぶ意味合いではちょっと物足りなさが残るほどで、専門性の高い講義が無くなったのは若干残念ではあります。

後継とするなら、どちらかというと「市民社会と法('12)(閉講)」でしょう。
こちらは刑法だけではなく民事法、労働法など扱う法律が多岐に渡っており、そのうち第4〜6章が刑法です。
この4〜5章と同じ内容を、「刑事法」教材でも扱っています。

例えば、「刑事法('16)」第4章「正当防衛の限界」と、「市民社会と法('12)」第5章「正当防衛と緊急避難」は、ほぼ同じ内容(文章)となっています。
挙げられている判例も、いわゆる「騎士道事件」と呼ばれる1987(昭和62)年3月26日最高裁判決など、同じ判例を用いています。
今回何度もデジャブを感じるなかで、初めてテキスト(ほぼ)流用なんだと気付きました。
ただ、「市民社会と法」では緊急避難まで扱っており、ややボリュームダウンした感が否めない印象です。

「刑事法」は印刷教材と放送講義がほぼ同じ内容ですので、時間がなければテキストだけで終えられ、学びやすい講義かと思います。
特に刑法の入り口としてはよい教材ではないでしょうか。

望むならば、もう一歩学びを深めるために、今後「現代の犯罪と刑罰('09)」の後継となるような講義が現れてもいいかなと思いました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
【スパム対策】ブログ主が所属する大学名は?(漢字4文字・必須)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nekonote.asablo.jp/blog/2018/01/22/8774563/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。